骨密度を増やす栄養素を把握しよう|サプリパワー

予防や進行防止のために

栄養補助食品

すい臓の酷使を防止

食事などで摂取した糖質は、まずは血液に溶け込み、その後すい臓から分泌されるインスリンによって全身の細胞に与えられます。糖質を過剰に摂取すると、すい臓はその分インスリンを多く分泌しなければなりません。これが続くことですい臓が疲れ、インスリンをしっかりと分泌しなくなる病気が、糖尿病です。糖尿病を発症すると、インスリンが十分に働かなくなることから、血液中の糖質が細胞に与えられにくくなります。すると血糖値の高い状態が続くことになりますし、これによって一層糖尿病は進行していきます。そのため多くの人が、糖尿病の予防または進行防止のために、糖質の吸収を阻害するサプリメントを飲んでいます。具体的には、ギムネマシルベスタやサラシア、白インゲン豆などから抽出されたエキスで作られたサプリメントです。これらのサプリメントを食事の前に飲んでおくと、食事によって入ってきた糖質が血液に溶け込みにくくなります。その結果、血糖値は上昇しにくくなりますし、インスリンは多く働かずに済むようになります。すると酷使されないことから、すい臓の機能低下も防がれやすくなるのです。また、糖尿病の疑いのある人や、ごく初期の糖尿病の人がこれらのサプリメントを継続的に飲んだ場合には、すい臓の機能回復効果も期待できるようになります。逆に、糖尿病が進行してしまっては機能回復が困難となるので、サプリメントは早めに飲み始めることが肝心と言えます。